So-net無料ブログ作成

学会へGo! [看護]

こんばんは、すがなです。
ただ今自宅に帰りました~。

昨日のブログでもお知らせしておりましたとおり、本日私は
日本慢性疼痛学会に参加しておりました。
本日・明日の2日間開催されているのですが、一身上の都合上
本日のみ参加です。

もともと私の関心領域が慢性疼痛であり、将来リエゾンナースに
なれた時のエッセンスをもっと勉強したかったのです。
自分が提出した論文の振り返りも含めてね。
一年前から今年まで読んできた文献で見かける先生方の講演や
研究発表が聴けるだけでもワクワクします。
できれば論文提出前に聴けたらもっとよかったな~ orz

会場は宇都宮。
横浜から宇都宮まで、新幹線を利用すれば約2時間。
湘南新宿ラインを利用すれば2時間30分ほどで到着できます。
こんなに長く電車に乗れるのは久しぶりだ~☆

会場に到着し、抄録集を購入したらいざ講演会場へ。
参加者の多くは医師のようですが、看護師の人もチラホラ(ネームプレートに
所属場所を記載するため、すぐにわかっちゃうんです)。
今このブログを読んでくださっている方の中にも、もしかしたら会場に
お見えになっていた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ランチョンセミナ-では、アメリカで緩和ケアのナースプラクティショナーとして
お仕事されているゲストの講演を聴講。
でも全部英語でして、電子辞書とにらめっこしながら聴きました。
内容については省略しますが、プレゼンテーションが圧巻…。
プレゼン中は常に会場の人々に顔を向け、明確かつ事例が
眼前に浮かぶような講演内容でした。
勉強になります。ハイ。

学会に行くと、文献検索の幅をさらに拡げることができます。
看護学分野だけに限らず、色んな学会に少しずつ行けるようになりたいな。

独りで学会に来ると自由に色んな講演を聴きに行けるのはいいのですが、
恥ずかしがりーな(?)私は参加者の方々に話しかけることもできず
ちょい寂しい(; ;)

無論、今年の学会参加ではお酒を一滴も飲みませんでしたよ。
もう風呂場で倒れるのは勘弁(><;)


ブレストケアとピンクリボン [看護]

こんばんは、すがなです。

先週の土曜日、NPO団体である「With You ~あなたとブレストケアを考える会~」の
フォーラムに参加しました。
この日、たまたま実習先でこのフォーラムが開催されていたこともあり
飛び入りで参加させていただいたのですが…
参加できたのは、もしかしたら何かのお導きがあったからなのかも。

この会は、乳がん患者さんとそのご家族、乳がん診療に頭触る医療関係者の皆さんが
同じ会場で同じ講演内容を聴き、共に過ごすというものでした。
ブログの中で以前ご紹介したとおり、私の母と叔母は乳がんでこの世を去っています。
このため、私にとって乳がんは切っても切れない病気なのです。
今後リエゾンナースとして臨床に出た際、乳がんの患者さんに対する思いが
何とはなしにつのってくる…そんな気がします。
女性の大切なシンボルであるブレスト(おっぱい)に対する思いを大切にしつつ、
体とこころの痛みを少しでも和らげることができたら…と常々考えております。

休憩時間中、会場でちゃっかりコーヒーブレイクをしていたところ
嬉しい再会が☆
以前働いていた病院で・同じ病棟でお世話になっていたSさんと再会したのです。
Sさんは現在、別の病院で乳がんケアのための認定看護師になられ、活躍中とのこと!
一緒にお仕事させていただいていた、あの時を思い出しつつ
ついつい長話(>w<)
Sさんが認定看護師になられたこと、とても心強い限りです!!!
これからもどうぞよろしくお願いします。プフフ。

そして今日、ヤフーのHPを見たらピンクリボンが。
乳がん検診啓発のためのこの企画。
このso-netの中でもピンクリボンキャンペーンのことが書かれていますので、
皆さんも覗いてみてはいかがでしょうか?


「やれるところからやっていけばいい」 [看護]

こんばんは、すがなです。
先ほど、将来の就職先有力候補の病院見学から戻りました。

現在私は、地元千葉での再就職を狙っております。
どうしてもこだわりたいのが、地元での看護。
現在住んでいる場所も徐々に地元になりつつありますが(もう4年目ですしね、この土地に
住み始めて)、やっぱり地元が私にとって一番都合がいい。
もちろん、旦那さんにとってもです。

地元という場所は、患者さんにとっても・そして職員にとっても元気をくれる人的資源・
物的資源が得られやすい場所なのではないか…というのが私の持論。
昔から慣れ親しんだ地元の土地とあれば、動きも自然とスムーズになりますしね。
自分自身や家族にとって居心地がいい場所で、自分なりの看護を展開できたら本望だなぁ~と
常々考えております。

今日訪れた病院の看護部長さんが語ってくださった一言で、特に心に響いた言葉。
それは「やれるところからやっていけばいい」。
今の私にとって、この言葉は救いの一言でした。

今までの実習で、私がやれることって一体なんだろう…?と考えすぎて自分を見失い、
ブレーキを踏みこんだり・逆にアクセルを踏み込みすぎて失速していった経験をしてきました。
色んな事を難しく考えすぎているせいでしょうか。
それとも、嫌なことを考えないようにしようと無意識に抑圧しているせいでしょうか。
いずれにせよ、現状を自分自身で捉えていないために失速していることは確かだったようです。

だけど看護部長さんのおっしゃった一言は、「やれるところからやっていけばいい」。
つまり、現状を自分で見つめ直して少しずつやれる部分を増やしていければいい、ということを
繰り返しおっしゃっていました。

自分だけが頑張りすぎても、突っ走りすぎてもいけない。
自分のペースを保ちつつ、やれるところまでまずはトライしてみる。
だけど、どうしても出来ない部分があれば助けを求めていい。
みんなで助け合うことこそ、明日の医療や看護につながる。

臨床看護をやっていた頃、このことを常々実感していたはずなのに
時というのは時々いたずらをするようでして…精神専門実習に入ってからの私は
スパーンと忘れてしまっていたようです。
解離を起こしていたのかしら?いや、今も起こしているのかしら?
ですが、今日看護部長さんから戴いた言葉が私を解離から引き戻してくれました。

看護部長さん、今日下さった言葉を大切にしたいと思います。


行ってきましたICN大会! [看護]

こんばんは、すがなです。

今日は待ちに待ったICN(国際看護師協会)学術集会参加の日!でした。

会場はパシフィコ横浜。
とにかく大きな会場です。


これが入口にあった看板。
2つのロゴマークがありますが、上がICNのマーク。
下は日本看護協会のマークです。
どちらもナイチンゲールのランプがシンボルマークとなっております。

会場の中は実に世界の国からこんにちは状態でした。
語学は全然ダメandビビりの私は、誰に話しかけるでもなくもがいておりました。
残念ながら友人と一緒に参加することができなかったため、ひとりぽっちだったのですよ。
せつない。

だけど。
独りであったとしても、どうしても参加したかった。

看護短大時代から、雑誌などでこの大会が開催されていることを知っておりました。
自分にとっては遠い世界だな…と常々考えておりましたが、
それがなんと日本で・なんと(現在の)地元横浜で開催とは(@o@)
行かないわけにはいきません。
生活費and看護系の本購入で常に火の車ですが、ここはひとつ財布を絞り出してでも
国際学術集会の雰囲気を自分の肌で感じたい!

日本国内に留まっているだけではわからないことを、この学術学会で少しだけ垣間見ることができました。
私も将来リエゾンナースとなった時、今回のテーマであった「予期せぬ事態に立ちむかう」ことに
数多く直面することになるでしょう。
自分の身近に起こる、予期せぬ事態はもしかしたら人それぞれかもしれない。
しかし、いつでもその事態は起こりうる。
目の前にいる患者さんやスタッフの緊急事態に私は何ができるのか。
世界各地で起きた出来事を参考にできるよう、常に頭の中に「知識の引き出し」を
作リ続ける必要があるな…と痛感しました。

今年で看護師になって10年目突入ですが、まだまだ知らないことが沢山あります。
常に学び続け、実践に活かしていく力を養いたいものです。

会場内には将来のナースさん(=看護学生さん)も多く参加しており、若さがキラッと光っておりました。
閉会式が終わって帰る際、とある学生さんらしき団体様の写真撮影を頼まれましたわ。
将来立派になれよ、のエールをこめてパシャ☆
大ホール中央付近で写真撮影を頼んでくれた学生さん、またどこかで会えるといいですね。
ウフフ♪

《おまけ》
国立大ホールのロビーから見えた帆船。
横浜にやってきて早4年になりますが、こんな立派な風景を見たのは初めて。
さわやか~


やっぱり臨床あっての看護学です。 [看護]

こんばんは、すがなです。

今日、以前私が勤めていた某病院整形外科外来と病棟に行ってまいりました。
就活ではありません。
そう、今私が悶々している論文のフィールド探しのためです。

以前私はこの病院の整形外科病棟で勤務しておりました。
そこで常に言われていたことが「お前現場見てから物事を言え!!」。
論文の研究計画書をまずは持参するべきなのでしょうが、今の病棟や外来の現状を
見ずして・はたまた現場の声を聴かずして計画書は書けない(そうでないと、現場とかなり
大ずれな内容を研究対象としてしまい・・・自滅しそうな気がして)。
そこで、診療部長と看護部にお願いのメールを出し・本日リサーチに出かけることとなりました。

私が現在のリエゾンに進むきっかけとなったのは、この病院での実践や経験があってこそ。
退職してから4年経過しますが、地元密着型である中核医療病院は私にとって一番身近な病院だな~と感じずにはいられませんでした。
当時は色々ゴタゴタしたこともありましたが、バージョンアップを重ねて今じゃ見違えるような状況。
ホントに驚いた。

私は現在もなおCNS(専門看護師)を目指しているわけですが、私が目指すのは
「地域で一番最初にかかるであろう総合病院(地域中核医療)でのリエゾン精神看護の提供」。
ここでどこまでCNSが求められるんだろうか・・・。
本当は既に臨床ナースさんたちが活き活き働いていて、自分達の看護を実践できていれば
リエゾンCNSなんていらないのかもな・・・。
でもでも!
影の役者としてリエゾン精神看護を皆さんにお伝えできたら本望です。
看護の面白さ・臨床での実践の醍醐味を皆さんと共有できるような現場作りをお手伝いしたいです。

あ~、早く臨床に戻って多くの患者さんやご家族、そしてドクターやナース・他の医療従事者の皆さんと手を繋いでいけるような看護をしたい!!!!
なんでしょうね、このワクワク感は・・・。
久しぶりに臨床の臨場感を体感してきたからかしら?

先生、看護部の皆様、本日は様々な視点からお話しくださりありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


デイケア看護、かなりハマッています [看護]

こんばんは、すがなです。

本来ならば、来週に控えております「研究計画書発表会」の準備に
取り掛からねばならないのですが・・・今日は論文をいくつか読むだけで勘弁してください。
なぜなら今日は精神科デイケアバイトの日だから!

もう既に何度か御紹介しておりますが、現在とある精神科病院にてデイケア看護師として
お仕事をいただいております。
週一回だけというのが非常に寂しいのですが(; ;)

精神科デイケアでの看護は非常に奥深く、リエゾン看護にも応用可能な部分が
多いように感じます。
たとえば心理教育やSSTなど、主にPSW(精神保健福祉士;いわば精神科のソーシャルワーカーさんのことです)の方や心理士・臨床心理士の方が取り組まれておりますが、私達看護師も
積極的に日常の看護で取り入れたい部分が多くあります。

また、現在お世話になっているデイケアプログラムの中にリラクゼーションの時間などもあり
私も一部インストラクターとして参加させていただいております。
現在私がお手伝いしている部分は主にアロマセラピー。
エッセンシャルオイルを焚き、その日に用いているオイルをメンバーの皆さんに
クイズ形式で答えていただいた後、そのオイルについて御説明をしております。
もちろん、天然モノのアロマオイルを用いております。
また、あまり珍しいものは避け、メンバーの皆様にとって身近で親しみやすい植物のオイルのみを
使用しております。
セッションの終了後は皆さんにハーブティなどを楽しんでいただいております。

今日はリラクゼーションのほか、創作活動で草木染め(たまねぎの皮を用いたものを本日は
トライしました)のお手伝いをしたりしました。
たまねぎの皮で染物をすると淡いイエローに染め上がりまして、これがまたステキ☆
メンバーの方々にも好評でした。

デイケアでの生活は個人だけの看護に留まらず、チームダイナミクスを用いた
ケアが可能となり、これが奥深いひとつなのではないか・・・と思います。
仲間を作りのお手伝いをする、と言っても、看護師やデイケア職員がいかに上手に
メンバーさん同士を結びつけ・そしてメンバーさんがその後自発的にその物事に
取り組んでいただけるのかが醍醐味なのかもしれません。

まだまだひよっこデイケア非常勤職員ですが、私もメンバーさんと一緒に何かを
楽しみながら取り組むことを毎週楽しみにしております。


プチお絵かき作家気分☆ [看護]

こんばんは、すがなです。

今日は精神科デイケアバイトの日。
私が現在お世話になっているデイケアでは、その日ごとのプログラムが組まれています。
このブログの中でもいくつかご紹介しておりますが、メンバーさんそれぞれが
思い思いの作品を作られたり・はたまたスポーツを楽しんだり・さらにはお料理や
外出レクリエーションなどが主に展開されております。
他にも、SST(ソーシャルスキルトレーニング)や心身の健康管理について学んでいただく
内容のものもあります。

多種多彩なプログラムのひとつに、絵画や造形を御本人がたが手がけ・楽しむ
内容のものがあります。
心理系でよく行なわれている絵画療法のひとつに含まれるのかもしれませんが、
あまり深くは追求しておりません。
メンバーさんの個性がキラリと光る、そんなプログラムでステキです。

メンバーさんのみならず、私ももちろん作成。
学生生活プラスアルファで色々忙しい日々を過ごしておりますが、
私にとってこの時間はいつも楽しみ。
現在は主に色鉛筆による自由画作成を行なっております。
まずは身近なものから描いていくことを中心とし、本日は新聞折込チラシの写真を
モデルにしております。

メンバーさんと何かを一緒に行うことで、メンバーさんが今までの生活や考え方・そして
生き方などをポツリポツリと語りかけて下さいます。
最初はなかなか鉛筆を持つ手が進まず、重い表情の方が

「色の濃淡をつけることができたのが、とっても嬉しかったです。
 こんな風に絵を描けるようになるって、楽しいですね」

とおっしゃって、次回以降は自ら進んで画用紙や色鉛筆を引き出しから出して
サクサクと描き始められたり、はたまた

「僕ね、体育とかは苦手なかわりに図画工作が好きだったんですよ。
 今まで20年近くこの病気を患っているけれど、今日久しぶりに色鉛筆で描いてみて
 そのことを思い出しました。」
と、見事な画風で模写されたり。

看護職ともなるとつい、その人の健康な部分よりも患っている部分に焦点を置きがちに
なってしまいますが、このような言葉をいただくとまた別の方向へスポットライトを当てることが
できてこちらも嬉しくなってしまいます。

というわけで、私も絵をカキカキ。

左側はペペロミア・ジェニーという観葉植物、右側のハート二つはチョコレートをモデルにして
描いてみました。
カメラの画素が低いので、質感を十分お伝えできないのが残念です orz



学術集会に参加する [看護]

こんばんは、すがなです。

今日は東京・有楽町にて開催されている「第21回日本がん看護学会学術集会」へ
行ってまいりました。
大学院生になってから色々と聴いてみたい学会が山盛りだったのですが、
今まで「また今度の機会に・・・」と指をくわえておりました。
時間の制約もそうですが、参加費用とか開催場所とかが、ね。
ようやく自分の時間にゆとりができまして、今回参加となりました。

朝9時ごろに到着。
開催は10時からでしたが、既に多くの皆様が集まられておりました。
大きな会場でアクセスもしやすい場所なので、全国各地から皆様駆けつけられているようです。
改めて、看護師の方々の勉強熱心さに私も気が引き締まります。

初日は主に基調講演や教育講演などを聴講。
今年4月から施行される「がん対策基本法」についての具体的な説明を受け、
その中でも『がん対策基本法が施行される事によって看護師として何ができるのか』・
『看護師の中でも、認定看護師や専門看護師・そしてまさに第一線で患者さんへ関わる看護師の皆さんがどうハーモニーを築いていくのか』という内容に触れる事ができました。
詳しい内容については割愛させていただきます。ごめんなさい。
がん対策基本法などについては厚生労働省のHPなどで御確認いただければと思います。

現在私はリエゾン精神専門看護師を目指して大学院で勉強しているのですが、
大学院修了後に臨床へ帰った際におそらくがん患者さんと多く接すると思います。
また、私の母を含めて身内で数名ほどがんで亡くなっております。
がんと私の仕事は切っても切れない関係なだけに、それぞれの講演を大変興味深く聴かせて
いただきました。

また明日も朝から行きます。
明日はさらに研究発表が多くされる貴重な日ですので、きちんとポイント押さえて聴かないと!

・・・貧乏学生の私には参加費が少々お高くて・・・orz
大学院生なので学生料金で参加させていただけるとありがたかったのですが、残念(><)


アロマの香りにつつまれてリラクゼーション☆ [看護]

こんばんは、すがなです。

今日は週に1度のお楽しみ☆
精神科デイケアでの看護師バイトの日です。
いつも机上(PC前)で勉強してばっかりではなく、やはり自分の肌で臨床を常に感じて
いたい・・・。

常勤の皆様は皆さん精神科のエキスパート。
精神科のことをまだまだわかっていない私なので、エキスパートから得られる情報や
スキルはとてもありがたいです。
しかし私はあくまでも非常勤なので軽いお仕事しかやっておらず、常勤の皆さんの
お世話になりっぱなしです。

たとえば、リラクゼーションプログラムの時間。
この時間は主にヨガ風の軽いストレッチ・太極拳・呼吸法・アロマテラピーなどを取り入れた
プログラムです。
独学で様々なストレッチや太極拳を学んでこられた看護師さんがインストラクターとして
プログラムを運営されております。
この方の手の動きが本格的なのですよ~。
まさに「氣」が通っている。そんな感じです。
武術をやってこられた方の手の動きというのはやはり違いがあるようです。
私も合氣道を以前やっていたのですが、まだまだそんな境地には至っておらず。

アロマテラピーに関しては、最近看護学領域でもエビデンスを取る内容の研究が
されるようになってきたようですね。
一般書では「このオイルは抑うつに効く」とか「デトックス作用がある」というように紹介されていたり
しますが、果たしてそのエビデンスは!?となると・・・よくわからないのが多いみたい。
あったとしても、「このオイルには○○という成分が入っており、それが気分を爽快にさせます」
といった感じでしょうか。
では実証した内容はどこに?
看護学や医学領域では、ここ最近Evidenceに基づいた研究が多くなされるようになりました。
そして現在、アロマにも白羽の矢が!

アロマセラピーは、現在注目されている「代替療法」のひとつ。
西洋医学のように早急に効果を発揮して症状が消失する、とまではいきませんが
自然の氣を取り入れることによって緩やかに効果を見せるようです。
日本ではアロマオイルが様々な雑貨屋さんやバスグッズショップなどで気軽に入手可能ですが、
ヨーロッパでは薬物として取り扱われ、資格を所持している人(各国によっては医師や薬剤師などの資格者)のみが取扱い可能とされているようです。
2年前にイギリスのホスピスを訪れた時も、専属のアロマセラピストさんのみがオイルを
取扱っており、末期がんの患者さんへ施術しておりました。

諸外国でアロマオイルの使用が厳密になっているのは、やはり自然の生命の源がギュッと
凝縮されたオイルだからこそ、なのでしょうね。

難しいお話はさておき。
過度な刺激にならないものを考慮したオイル(たとえばラベンダーなど)をバーナーに焚きながら
今日もリラクゼーションを患者さんと楽しみました。

以前働いていた病院でも、アロマセラピストの助産師さんやホスピス勤務経験のある
看護師さんからアロマセラピーの講習を受けた事がありました。
実際に患者さんにアロマの香を楽しんでいただきながら、マッサージを施行した事もあります。
身体科の患者さんも、精神科の患者さんも
「とってもいい香りね」
「気持ちいいわね~」
と、アロマを気軽に・身近に楽しんでくださっております。

アロマだけで身体や心のつらさを一掃!とはいきませんが、様々なリラックス法を
上手く組み合わせて「心地よさ」を取り戻していきたいですね。
そんな私も、自宅にはラベンダーやヒノキ、ローズウッドやフェンネル、パルマローザや
グレープフルーツなどの各種アロマオイルを時々加湿器に入れてはセラピーしています。
は~、癒される~~♪




お祝いの席でもやっぱり看護ネタ? [看護]

こんばんは、すがなです。

今日は友人の結婚式二次会に出席してまいりました。
新婦さんYちゃんと私は、看護系大学編入予備校つながり。
既に2人とも大学を卒業し、Yちゃんは現在看護師として復職しております。
Yちゃんと予備校で運命的な出会いを果たしてから、もう3年以上ですか・・・。
お嫁に行ったYちゃん、キレイでした~~(^^)
Yちゃん、御結婚おめでとうございます!

そんな中で・・・。
二次会に訪れたゲストのほとんどが看護師さん、という状況。
私達の業界って結構狭いものでして、初対面でも看護ネタで意外と
乗り切ることができます。
私はYちゃんや他のゲストさんと出身大学こそ違いますが、
みんな看護を続けているお仲間ということで快くお話の輪に入らせてもらいました。

Yちゃんと同じ大学に編入したお仲間は十数名。
大学卒業後、様々な道を歩んでいらっしゃいます。
病院に就職した方、保健師として地域で活躍している方などなど・・・。

特に話が盛り上がったのは、現在某大学院に進み「がん専門看護師プログラム」に
所属している方。
この方は私とYちゃんの通っていた予備校仲間の一人。
同じ予備校で学び・数年後の今、専門看護師を目指すお仲間です。
領域こそ違う(私はリエゾン精神看護学・彼女はがん看護)かもしれませんが、
どんな内容をどのくらいの時間量で勉強しているのかなどなど気になる事が沢山!
そりゃあもう語りましたよ、将来の事とかを含めてね☆

専門看護師の絶対数が決して多いとは言えない現在だからこそ、
領域や大学を越えたネットワークづくりが必要なんじゃないかな~・・・と
つくづく思いました。
そのためには色んな学会・フォーラム・その他色々人の集まるところに出かけないとね!

まずは今週の土日に開催される大学祭で、うちの大学院が「専門看護師プログラム」を
持っている事をアピールすることから始めようかしら♪

*追記;パーティ中行なわれた「宝探しゲーム」で、3位(くらい?)にあたる
     牛肉ステーキ肉2人分をゲットしました☆
     パーティとかでこんなビッグな賞をもらったのは生まれて初めてでした~~
     美味しくいただけるよう、今から肉の焼き方を勉強しようっと。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。